2009年03月14日

転職活動について

失業保険を受給しながら就職活動をする方は多いと思います。
では、転職する際に最も有利な活動とはどんなものでしょうか。

転職活動を有利にする基本は、失業保険を活用するのと同時に自分自身の再就職への意志確認が必要です。◎失業保険で支給される給付金を、転職が決まるまでの費用にしたいのか
◎自分自身が納得のできる仕事を今後続けて、結果として満足感を得たいのか
◎転職先を探す時に、それまでの条件を越えたものを選びたいかどうか

それらをしっかりと考えてみて納得できた方、まずは無料の転職支援サービスを活用するのがよいでしょう。
たとえ今現在求人率が低くても諦めず、そういう時こそ企業側はやる気のある良い人材を求めているので、自分がやりたいと思うこと、就きたいと思う職業を見つけられる環境がまずは必要となります。

ハローワークを利用するのもも1つの方法ですが、転職支援サービスを利用すると、就職先を一緒に探してくれる専任のコンサルタントがついてくれるので、むこうから提案してくれる場合もあり、効率の良い転職活動ができます。

転職支援サービスを利用する時は、サイトを自分で吟味して自分で選ぶことが重要です。
転職支援サービスの特徴としては、各社が職業別に情報提供していたり(営業、医療、ITなどのように)、地域・地元密着型・首都圏などのように分かれていたり、年齢別に第2新卒、30歳代、退職者向けなどと、多種多用で情報豊かです。

転職支援サイトの1つDUDAなどは、パソコンでサイト登録をした時に自分が希望する条件を登録しておけば、次回のログインからは自分の希望条件に合った会社がヒットして表示されます。
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険と就職活動