2009年03月30日

雇用保険・失業保険とは

最近では、新聞にやニュースで失業率のことが話題にならない日はありません。
失業と言うショックで狼狽しながらも、悲しい現実に強く立ち向かう勇気は知識から出てくるものであり、知識が必要だということにもなります。

雇用保険は、現在の高い失業率の中ではもっともっと需要が高くなっていく制度でしょう。
そして、私たちがよく言ういわゆる「失業保険」とは、この雇用保険のことを意味しています。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは

2009年03月27日

失業者への支援

多くの人にとって厳しいこの冬。
景気の後退が長く続く中、同時に契約打ち切りや解雇が大き問題となっています。

そして、自治体が仕事とともに住居までも失った人たちを支援するという動きが、活発化してきています。
応急処置として、臨時職員としての採用や県営住宅への入居を通じて、ひとまず数ヶ月間でも安心して過ごしてもらうという緊急措置です。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは

2009年03月19日

失業保険の特定受給資格者1

退職理由には、「会社都合」と「自己都合」の2種類があります。
会社を辞めた理由が会社か自己かによって、失業保険の給付期間が変わったり受給額にも差が出ます。

会社都合の場合は特定受給資格者となり、一般受給資格者よりも失業保険給付期間が長くなります。
本当は会社都合なのに、思い込みで自己都合による申請をしている方がいるので、離職理由についてはしっかりと確認しましょう。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは

2009年03月18日

失業保険の特定受給資格者2

退職理由が会社都合の中でも、特定受給資格者の対象となれる例を紹介します。

◎人間関係の劣悪化
人間関係の悪化などにより、上司や同僚から故意に嫌がらせ・いじめ・セクハラ・冷遇・排斥などを受けたためにやむを得なく退職した方です。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは

2009年03月16日

失業保険の認定とは

失業保険の認定とは、失業状態にあるかどうかのチェックのことです。

失業保険が給付されるには、失業状態になった日を経過してから勤務していないことが認められて・・・というようになっています。
給付を受けるためにも、失業状態でいるということと、その期間に自発的に就職活動を地道に行いましたという証明をすることが必要となります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは

2009年03月15日

失業保険の給付について

失業保険の認定にハローワークに出向いて約1週間程経つと、申請の際に指定した金融機関の預金口座に基本手当が振り込まれます。

退職の理由が自己都合の場合は、3ヶ月の給付制限があります。
それ以降は、基本手当の支給日の最高日数を限度として、活動から就職先が決まるまでの間は「失業認定」と「受給」の繰り返しになります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とは