2009年03月29日

雇用保険手続きのためのチェックポイント

雇用保険のチェックポイントはいくつもありますが、まずは区分を掘り下げてみましょう。

被保険者の区分とは、一般被保険者と高年齢継続被保険者では、さらに「短時間労働被保険者以外である一般被保険者」と「短時間労働被保険者」の2つに分かれています。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険の手続き

2009年03月25日

失業保険の手続きの流れ

失業保険支給(説明会)までの手続き等の流れを確認していきましょう。

◎離職票をもらう
会社を退職したら、それまで勤めていた会社から「離職票」を受け取ります。
退職する前に、離職票の受け取り方については相談しておくとよいでしょう。
離職票の発行までには、通常ですと10日前後かかります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険の手続き

2009年03月20日

失業保険の手続きに必要なもの

失業保険の手続きは、ハローワークにて進行していくものですが、持参の必要があるものに不備があると、せっかくハローワークに出向いても手間も時間もかかってしまいます。

以下にあげるものは、ハローワークで失業給付の手続きをする時に必要不可欠なものとなります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険の手続き

2009年03月17日

失業保険の手続きから受給まで

失業保険の受給者初回説明会には、必ず本人が出席しなくてはいけません。

そこでは、失業保険の概要、受給に大切な必要事項の説明、失業保険に関する資料の配布、ハローワークに置いてあるパソコンの詳しい使い方の説明なども受けます。
その中でも、求職活動の説明は最も重要となります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険の手続き

2009年03月08日

失業保険給付に必要な退職理由

退職理由には会社都合と自己都合の2種類があり、失業保険を多く受け取れるのは会社都合の方です。
失業保険給付は、退職理由がどちらかによって、給付期限と給付日数などに明確な違いがあります。

例えば、毎月の残業時間が80時間にもなるのに、会社が意図的にタイムカードの残業時間を20時間以下に減らしたり操作されることも実例としてあります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険の手続き