2009年03月24日

失業認定と離職理由

失業を一般の定義として説明すると、離職した人が「十分な意思と能力があって就職したいのに職に就くことが出来ず、自発的に求職活動をしている状態」のことを意味します。
毎日何もせずにただブラブラしているだけでは、定義としての「失業」とは認定されません。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とハローワーク

2009年03月12日

将来の為のスキルアップの意味

その年齢でどうして転身できたの?どうやって自分の好きな仕事に就けたの?何故自分の時間がそうやって持てるの?
ビジネスシーンでは、やはり技術と資格による差が大きいと思われています。

その考え方は企業の人事担当者も同じで、どこの会社でも出来れば有能な人材が欲しいと思っています。
そういうことからしても、転職活動をする場合において、スキルは直接的にかなりの影響力を持っていると言えるでしょう。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とハローワーク

2009年03月11日

スキルアップのための資格取得

失業保険の受給中に同時にスキルを高めたい方のために、転職に役立つ資格取得や技術力向上を検討なら、リクルートが運営している「資格と仕事.net」というものが使いやすいでしょう。

資格はネイリストから税理士など多種多用で、仕事情報は200以上でありとあらゆる様々なジャンルを網羅しています。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とハローワーク

2009年03月06日

ハローワークの公共職業訓練

公共職業訓練は、少しでも早く求職者が就職先を見つけられるように、就職に必要な技能や技術を身につけるために、能力開発機構、独立行政法人雇用として、職業訓練として各都道府県が行っていることです。
この公共職業訓練を利用する際には、金銭的メリットがあります。

自己都合で会社を辞めた場合でも、公共職業訓練中は給付制限が免除される仕組みになっているので、すぐに給付金受給が可能です。
さらに嬉しいことに、失業保険の給付期間よりも公共職業訓練期間が長くなってしまった場合も、職業訓練が修了するまでは給付期間を延長できます。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業保険とハローワーク

2009年03月04日

失業時のハローワークの活用法

ハローワークを活用する時、様々な窓口があるので知っておくとよいでしょう。

最近の不景気で高齢者・若年者問わず急激に失業者が増えて、失業期間も長く、これはとても大きな社会問題となっています。
原因としては、企業側の「求人」と失業者側の「求職」のミスマッチ(企業の求めている能力と個人の能力とが合わない)だとされています。続きを読む
posted by 物知り博士 at 10:00| 失業保険とハローワーク