2009年03月28日

失業保険の基本手当とは

私たちが離職した時に受給する失業保険の礎になるのは「基本手当」です。
失業認定をされた後、この基本手当を受けることになります。

退職したからと言って、すぐに、そして必ず基本手当が貰えるわけではありません。
何らかの事情があって離職後すぐに働くことができない方は「失業状態」とみなすことができないので、その結果支給されない場合もあります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金

2009年03月26日

失業保険の給付金の計算

失業保険は貰えるけれど、実際に総額でどのくらい貰えるのか・・・やはり気になるところです。
自分で金額を算出することができれば、いろいろと計画もスムーズですね。

基本手当の総額の計算方法は、「基本手当日額×所定給付日数」で算出されます。
そして、その「基本手当日額」は、まずは退職前6ヶ月の給与(賞与は含まれない)を原則として、その合計を180で割り、それによって出てきた金額である「賃金日額」を計算します。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金

2009年03月23日

失業保険基本手当の所定給付日数

初回の手続きが無事完了して受給資格を実際に受けた場合でも、失業保険の中心となる「基本手当」は、いったいどのくらいの期間貰えるのかと、やはり気になりますね。

例えば被保険者であった期間が同じでも、年齢や離職理由によって給付日数は違ってきます。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金

2009年03月22日

失業保険給付時の不正受給

失業保険を貰っている時に、ハローワークに内緒でアルバイトをしていて、実は失業する前よりも今の方が沢山収入を得ている・・・なんていう方はいませんか?
これは不正受給と言って、犯罪の1つになります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金

2009年03月10日

失業保険給付金額の計算と残業時間

これから退職して失業保険の給付を申請される方、そうでない方がいると思いますが、今後の残業時間で失業保険の給付額が変わることもあります。

ただ、辞めることが決まってしまうと仕事が減るケースも多いので、必然的に勤務時間が短くなりやすく、残業時間もその結果増えることは難しいでしょう。
だからと言ってそのまま早く退社する日々が続くと、失業保険の給付金額を計算する上でも少なくなってしまいます。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金

2009年03月09日

失業保険給付金額の計算と退職年齢

失業保険とひとことで言っても、なかなか奥深いものです。
退職にはいろいろな形があると思いますが、ちょっとしたコツを知っておくと、失業保険の貰える金額がかなり変わります。

規定による具体例を言うと、退職した年齢が1歳違うだけで、何と金額にして10万円以上も失業保険給付金の総額の差が出てしまう場合もあります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 13:00| 失業給付金